環境方針
トップページへもどる
生産体制
会社概要
あいさつ
直線上に配置
直線上に配置
1966年 9月 (有)萩谷精器製作所設立、資本金150万円。
1967年 9月 日本光学鞄a納、カメラ部品製作。
1967年 10月 叶ク工舎殿納、時計及計器部品製作。
1968年 4月 潟Lャノン殿納、カメラ部品及電気卓上計算機組立製作。
1973年 6月 鞄立製作所殿納、自動車電子部品製作を開始。
1978年 1月 資本金4,500万円に増資。
1979年 7月 ハイブリットICの製作開始。
1983年 9月 株拠J精器に改組・社名変更。
1986年 4月 FDD、ワープロ電子回路モジュール製作を開始。
1988年 4月 金沢工場新社屋竣工。
1988年12月 ICカード、メモリーカード製作を開始。
1992年 6月 金沢工場社屋増築竣工。
1992年 8月 資本金9,500万円に増資、潟nギヤニューテクノに社名変更。
1995年 8月 品質国際規格ISO9001認証。
1999年 6月 印刷機、実装機の多機能化、外観検査装置インライン化を実施。
2000年 2月 EL発光方式自動車ナンバープレートを開発。
2000年 3月 環境国際規格ISO14001認証。
2001年 3月 クリーンルーム(クラス1000)設置、COB、COF量産実装を開始。
2002年 11月 中国工場を設立、2003年5月生産開始。
2005年10月 超精密電子モジュール量産、洗浄及びアンダーフィルを開始。
2007年10月 超精密実装全ラインに印刷3D検査機、外観2D検査機配備。
2008年 1月 超精密はんだバンプ印刷、実装品の洗浄サービスを開始。
2013年 3月 大震災による災害復旧を完了、生産設備の大幅更新を実施。
2014年 6月 中国新工場完成、移転集約。
   2016年 5月 品質国際規格TS16949認証。
   2017年 4月 自動車電動化に伴い電子制御回路生産設備拡充。
   2018年 4月 TS16949→IATF16949へ移行認証。
   2018年11月 中国工場、スマート新工場建設、完成移転。